インタビュー

参加者さんを
ご紹介します

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. いつか皆さんで集まる機会が出来たらよいですね

Hirokazu Ichinomiya
running photographer

いつか皆さんで集まる機会が出来たらよいですね

何者ですか!
1968年生まれ 東京都足立区出身・在住
とても美しく、とてもおっかない妻とヒジョーにカッコイイふたりの息子が居ます。

小・中学校、高校とサッカーをやってました。
高校では、途中でバイト部に入っちゃいましたけどね。
子供が生まれ、小学校入学と同時に近くのサッカーの少年団チームに入ったのを機に私もコーチとして参加。3年前に引退するまで約15年間、そのチームでコーチ・監督としてボランティア活動していました。

2011年の震災をきっかけに、当時勤めていた秋葉原から足立区までの約10キロを1時間以内で走って帰れる身体を作ろうと思い立ち、ランニングを始めました。
現在は、年間に2~3回のハーフマラソンに参加。
青梅マラソンは、8年連続参加中です。
クラブの感想・参加して変わったことは?
今までは、自分の身体作りのためにという事で、他のアプリを立ち上げて、目標を立てて走っていましたけど、孤独なRUNだったなぁって、このクラブに入って、正直思いましたね。

状況が状況なので、リアルに皆さんにお会い出来ないのが非常に残念ですけど、まぁ、こんな状況だからこそ生まれたこのクラブ活動を引き続き楽しんでいきたいなって思っていますので皆さん、今後とも宜しくお願いします。
※いつか皆さんで集まる機会が出来たらよいですね。

私は、あまり多くの国へ旅していないですけど、皆さんのお話や写真を拝見させて頂くのが楽しみです!
で、多分世界一周なんてリアルに体験する機会は、多分無いと思うので、皆さんと一緒にそれを達成出来たら、嬉しいとも思っています。

そうそう、写真と言えば、私は、ランニングのほかに写真を撮ったり、観賞したりっていう趣味があります。

走りながら、iPhoneで写真を撮ったりしていますので、アクティビティのアップの際には、写真を添えたりしています!
良かったら、ご覧下さい。

FBで須藤さんがこんなの始めましたよ!ってこのクラブについて書かれてたのを見て、おっ!楽しそうだな、って思って、参加してみて良かったです。ホント、楽しい。

今は、テレワーク中という事もあって、通常の平日のランニングコースにプラスアルファで、少し距離を延ばして走っていますね。
一歩でも、世界一周に近づけるために。

それから、写真繋がりで、お繋がり頂いたお友達の方々や、地元のボランティアでのお仲間などにもお声掛けさせて頂いています。
皆さん、楽しんで頂けているようですよ!
更に、輪を拡げられたらなって思っています!